手帳何?ミドリ・トラベラーズノート 成田屋仕様!

084

「手帳何使ってる?」記事第二弾。現在私がデイリーで使っている手帳はミドリの 「トラベラーズノート」です!

このトラベラーズノート革はレギュラーサイズで4500円強するのですが、そこそこお高いわりに表紙の皮はすぐ傷だらけになってしまうし、そして手触りもとてもドライです。何度もオイルを塗っていますが全く輝きはでません。

しかしながら、先日紹介した「DayTimer」手帳が團十郎様のサインで殿堂入りしましたので、普段用として現在はこのトラベラーズノートを手帳として使っています。

アクリル絵の具でオリジナル成田屋柿色を造り、自分で成田屋家紋を入れました。と、いうことでこちらの手帳も自作團十郎様仕様

歌舞伎に行くたびに周りの方から「その手帳、どこでお買いになったの~?」って聞かれるくらい大人気(笑)

086

恒例の手帳サイン。こちらの手帳にはスケーター

ブライアン・ジュベール。エレベーターで偶然ご一緒しました時に頂きました。

087

さて!日本製の手帳の良い所は”リフィルがいつでもお手頃価格で手に入る”こと。そのおかげで心置きなく書き散らかせます。

しかし、DayTimerでリフィル難民だった10年間の癖で、手帳には直接書き込まずポストイットに書き込んでしまう貧乏症です。To Do Listや覚書はこのようにポストイットに記入し、用事が終わったら捨てています。

上の写真はスケジュール帳部分。適度な大きさがあるので、わりと沢山書き込みが出来ますので普段使いにおすすめ。

良い手帳の特徴は、なんといっても

1)いつも持ち歩きたくなる 2)何かを書きたくなる

ですから、手帳には憧れの人にサインを頂いてパワーを入れてもらうか、ちょっと手を加えて愛着を出したりしています。

「書きたくなる」条件として書きやすい上質の紙が必須!という方もいらっしゃると思いますが、私は先に述べたように手帳貧乏性ですので、自分には「適度な価格」が一番大切です。価格が高い紙だと、ついつい「もったいない」という気持ちがおこって手帳に何も書き込まなくなってしまいますので、ミドリのトラベラーズ手帳は最適。。。と言いたいところですが、

 ミドリ・トラベラーズ手帳のリフィルは残念ながら、質より量的な私にとっても薄すぎたり、ザラザラすぎたりしてインクの滑りやノリが悪く不満はありません。万年筆などには不向きで、ジェルインクボールペンが必須。

と、このように革の状態とリフィルの質は悪く、そして価格はそこそこのお値段と何も良いところがないような記事になってしまいましたが、現在他にここまで使える手帳がないのでかれこれ8年くらいリピート使用する事になってしまいました。

088

さて、このトラベラーズ手帳シリーズにはいろんなリフィルグッズがでています。つい、わくわくしちゃって色々オプションをつけたら、手帳がすごく重くなってしまったので、現在はコーナーシールだけにおちつきました。

このコーナーシール、手帳革裏にに直接貼る方式です。(これも気にする方は嫌な仕様かもしれませんね)

トラベラーズノート手帳はDayTimer手帳と似た方式で、ノートを手帳カバーに挟み込方式なので各ノートはいつでも取り出し可能。私はスケジュール帳の他に白紙のノートを入れています。コミックの案、即興スケッチ、読んだ本の覚書等などを書いています。

032

____________________________________

ホームページ「トミー・ザ・エクストラ」では無料のコミック、楽しいイラストやエッセイを公開しています。ぜひお立ち寄りください!↓↓↓↓

toppagelogo

手帳何つかってる~? DayTimer 團十郎様サイン付き

092

手帳はお好きですか~? 私は大好きです!(笑)

手帳好きはなぜかいつも「より良い完璧な手帳」を探しています。そしてそれが手に入った時には「夢がかなう」と思っています。

そんな私の「夢の手帳」はDayTimerの手帳。

写真の手帳サイズは、いわゆる「バイブルサイズ」で日本ではなかなかリフィルが手に入りにくいタイプです。DayTimerは北米サイズなのでヨーロッパにいた時などもリフィルにとても困り、紙を手帳サイズに切ってホチキスでとめ、手作りリフィルノートを作っていました。「使い勝手のよい手帳」の理想から程遠い手帳ですね。

しかし!この手帳にはとっても思い入れがあるので、どんな手帳を使うよりも不便だったにも関わらず、とても大切に使っていました。

この手帳は定価14000円くらいだったと思います。20代だった私は当時カナダに住んでいて、とても貧乏だったのでこんな高い手帳は買えませんでした。しかし、この光り輝くDayTimerの手帳が欲しくて、毎回文房具量販店に寄っては手に取り、眺めて憧れていましたが、

ある時、店員さんに「この手帳はどうしてこんなに高いのですか?」と思わず聞いてしまったのです。

こんな事を店員さんに聞いてもなあ~と思いましたが、店員さんの返事は

 「向かいの文房具屋では半額で売ってるよ」

え、半額??

(しかもライバルをおすすめしてもいいの?) :D

半信半疑でそのまま向かいの量販文房具店に行ってみると、なんと、本当に半額でした。

それ以来、毎日肌身離さず使ってきた愛着のある手帳です。

中身はこんな感じ。ポケットが7つあり、縦長のポケットには手帳の表紙を挟んで使う仕様です。合計で4冊のノートが入り、スケジュール帳、アドレス帳、ノートとセパレートに出し入れすることができるとっても便利なつくり。さすが能率手帳の老舗DayTimer!

使えば使うほど、皮に輝きがまし、貫禄がでる、愛着がわく、持ってるだけで幸せになれる手帳です。表面はつるつるです。

093

さて、お気づきになったかと思いますが、サインが 入っています。左の表紙にスケーター:ジョニー・ウィアーさん(「いつも一緒だよ。」のコメントと共に)。そして、右にはなんと!

094

12代目市川團十郎丈のサイン!!!!

これは、いつの日か團十郎様に一筆いれていただく為、オイルで磨きに磨いておいた一番広いスペースの裏表紙。いつも一緒の大切な手帳だから、ここに團十郎様のサインを入れてもらえば、私の人生の夢は叶ったも同然、手帳には魔力が宿る!

と、いうことで、国立劇場で出待ちをし、図々しくもこんな場所にサインを頂きました。團十郎様は時間を取って丁寧にサインして下さいました。家宝です。

これが最後の團十郎さんとの(出待ち)の思い出になりました。

團十郎さん本当にありがとうございました。

________________________________

ホームページ「トミー・ザ・エクストラ」では無料のコミック、楽しいイラストやエッセイを公開しています。ぜひお立ち寄りください!↓↓↓↓

toppagelogo

来年のカレンダー ふなっし~

皆さん、もう年末ですね!

来年のお部屋を飾るカレンダーはもう決まりましたか?

今年は渋くアブストラクト・アートカレンダにしようかなと思っていたところ!ふなっしーのこんなカレンダーが出ていまして、心奪われてしまいました。

za178

このスクイッシュした顔がつぼ。

ふなっしーを象徴する一枚ではないでしょうか?上の写真は壁掛けカレンダーB2サイズ14枚の豪華版

2100円 日テレウェブで送料無料で発売中!

こちらは週めくりカレンダー!沢山のふなっしーを毎週楽しめる、消費者を笑顔にさせてくれる、最近珍しいナイスな商品ですね!

za179

全55ページだって!すごくない?(笑)写真集としても充分お得。

さて、最近なにかと話題のふなっしー、こんなプロフィールがあったなんて知りませんでした。以下ウィキペディアより:

_______________________________________

両親は普通の梨の木で、兄弟は全部で274体あり、ふなっしーは4男である。2000年に1度だけ現れる奇跡の「梨の妖精」という設定で、誕生日は138年7月4日。本名は「フナディウス4世」。血液型は「カブトガニ梨汁型」。所持金は274円。

ハードロックヘヴィメタルを好んでおり、初めて買ったCDはディープ・パープルの『マシン・ヘッド[1]、好きな歌手はオジー・オズボーン[2]、ライバルにはロブ・ハルフォードの名を挙げている[3]。好物は洋梨だんごむし。嫌いなものは、もずく

_______________________________________

こんな風に色々世界を作りこんでくれると、見ているこちらもついその世界観にノリたくなってしまいます。ありがとうふなっしー!

________________________

ホームページ「トミー・ザ・エクストラ」では無料のコミック、楽しいイラストやエッセイを公開しています。ぜひお立ち寄りください!↓↓↓↓

toppagelogo

WordPressの無料ブログを使ってみました

皆さんこんにちは。トミーと申します。今回はWordPressの無料ブログサービスを使ってブログを作ってみたのでレビューしたいと思います。

ワードプレスで無料ブログを作ってみたいという方はこちらからどうぞ↓

(日本語サイトです。)

http://ja.wordpress.org/

私が実際に利用したのはこちらのページから。チョイス形式ですぐにこのブログくらいの物が作れます。↓

http://blogetery.com/

以前、いくつかの日本無料ブログ・サイトを利用してブログを書いていました。が、宣伝がブログの外観雰囲気を損なうのはしょうがないとして、ブログの編集ページまで宣伝があちこちに表示されること、あまり見ていて気持ちの良くない宣伝も多いことが嫌だったので、パスワードを忘れたのを機会に海外物ブログに乗り換える事にしました。

最初に試したのは、Tumblr です。しかしながら、ここは造りが極端にアート過ぎて、ページが重く、表示もユーザー・アンフレンドリー!でとても使いにくかったので、記事を沢山アップする前に手をひきました。(笑)

色々調べて、日本でも問題なく使え、(日本語表示にも出来ます)宣伝がなく、(アフィリエイトなどされたい方は任意で宣伝も表示できます)、わりとタカビーでない程度のデザイン性が気に入ってWordpressに落ち着きました。

しかし、Wordpressを日本語ブログとして使用する最大の問題は「フォント」です!

WordPressからは無料使用でもフォントを変更できるようですが、私が利用しているのは、WordpressではなくWordpressの無料ブログサービスのみ。

となると、これも色々調べましたが、その場合はフォントの無料変更はできない事が分かりました。有料アップグレードすれば色々なカスタムが施せますし、ソースを自由に編集できるようです。ソースからフォントをお好みのものに変えることが出来ると説明されていました。無料のブログはソースの編集ができません。

WordPress無料ブログサービスでは、かなりの数のテンプレートを自由に選べますが、日本語フォントはそのテンプレートにもとから設定された物しか使えないのです!テンプレートを選んで細かい設定をする前に日本語で短い記事をアップし、フォントがどんなものかを絶対に確かめてください!(笑)

そうしないと、、殺意ある(笑)ホラー調の日本語しか打てない、という事になりかねません。

とても素敵なテンプレートながら、設定されている日本語のセンスは戦慄もの、という残念なケースもありますので、気長にテンプレートをスイッチしてみることをおすすめします。

幸い、私は3つ目くらいのテンプレートで気に入ったフォント(現在表示されているフォント)が設定されているテンプレートを発見することができましたが、大体の日本語フォントは、先ほど挙げたwordpress 日本語サイトで使用されている怖い感じの日本語フォントがデフォルト設定のようです。このフォントでは記事書きたくなくなってしまいますね!

使いごこちは、海外のブログにありがちですが、結構重く、記事をアップしたり、ちょこちょこと直したりするのに結構時間がかかります。お世辞にも「さくさく」とはいかず、かなりストレスを感じます。

投稿ページの使いがっては、まあまあ、というところ。「なんでこのツールがここにあるの?」「なぜ既記事編集ページでしか使えないツールがあるの?」などなど不満は沢山ありますが、後は、沢山使ってアイコンやツールの場所にこちらが慣れるしかないという感じでしょうか。

とにかく宣伝が入らないので、文句は言わず、感謝したいと思います!

ブログを始めたいと思っている方で、日本の無料ブログはテイストが合わないと思っている方には、おすすめです!

___________________________________

ホームページ「トミー・ザ・エクストラ」では無料のコミック、楽しいイラストやエッセイを公開しています。ぜひお立ち寄りください!↓↓↓↓

 

toppagelogo