コミック制作風景

219

コミックは3種類の方法で制作しています。

1)丸ペン(先)と墨汁 +漫画原稿用紙

2)アクリル絵の具+漫画原稿用紙

3)水彩絵の具+漫画原稿用紙

 

「漫画原稿用紙」というのはデリート等、主にユザワヤ方面で購入。

イラストの場合はちょっと高めの水彩絵の具用フレンチ紙などを使う事もありますが、今はあまり制作費用がないので、コミックならばほとんど漫画原稿用紙に描いています。

工程は:

鉛筆で大体大まかな下書き→第一下塗り→一日以上乾かします→第二色塗り

→鉛筆で輪郭を書きます→第三色塗り(完成)→Photoshop取り込み→細かい修正をします。

これで出来上がり。

最短で3日工程、1ページで平均約10時間くらいの制作時間です。

 

ちょっと珍しい道具のご紹介

 

上の写真では紙パレットの重石として使っているボーンミル

歯医者さんで使う、歯を擦って粉にしたものを欠損した場所に詰める

ためのすり鉢みたいなもの。ステンレス製でがっしり重く、製作時に絶対がたつきません。

私はこれを墨入れとして使っています。ミル部分が逆三角形になっているので、少量の墨汁で

マキシマムユーズ!(笑)使い終わった後はそのままにしておけば、墨が乾き、乾いた

ところでボーンミルから剥がして捨てるだけ。墨を洗面所に流さなくてもいいし、手も汚れ

なくて便利です。

 

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s