手帳何つかってる~? DayTimer 團十郎様サイン付き

092

手帳はお好きですか~? 私は大好きです!(笑)

手帳好きはなぜかいつも「より良い完璧な手帳」を探しています。そしてそれが手に入った時には「夢がかなう」と思っています。

そんな私の「夢の手帳」はDayTimerの手帳。

写真の手帳サイズは、いわゆる「バイブルサイズ」で日本ではなかなかリフィルが手に入りにくいタイプです。DayTimerは北米サイズなのでヨーロッパにいた時などもリフィルにとても困り、紙を手帳サイズに切ってホチキスでとめ、手作りリフィルノートを作っていました。「使い勝手のよい手帳」の理想から程遠いです。(笑)

しかし!この手帳にはとっても思い入れがあるので、どんな手帳を使うよりも不便だったにも関わらず、とても大切に使っていました。大切すぎでどこかでなくすのが怖いので、現在は使っていません。(どんどん手帳の理想から遠のいています。)

この手帳(カバー)は定価14000円くらいだったと思います。20代だった私は当時カナダに住んでいて、とても貧乏だったのでこんな高い手帳は買えませんでした。(今でも貧乏ですが。。)しかし、この光り輝くDayTimerの手帳が欲しくて、毎回文房具量販店(ステップラーのような所だったと思います)に寄っては手に取り、眺めて憧れていましたが、

ある時、店員さんに「この手帳はどうしてこんなに高いのですか?」と思わず聞いてしまったのです。

こんな事を店員さんに聞いてもなあ~と思いましたが、店員さんの返事は

「向かいの文房具屋では半額で売ってるよ」

え、半額??

(しかもライバルをおすすめしてもいいの?) :D

半信半疑でそのまま向かいの量販文房具店に行ってみると、なんと、本当に半額でした。

それ以来、毎日肌身離さず使ってきた愛着のある手帳です。

中身はこんな感じ。ポケットが7つあり、縦長のポケットには手帳の表紙を挟んで使う仕様です。合計で4冊のノートが入り、スケジュール帳、アドレス帳、ノートとセパレートに出し入れすることができるとっても便利なつくり。さすが能率手帳の老舗DayTimer!

使えば使うほどボロくなる某メーカー手帳と違い、使えば使うほど、皮に輝きがまし、貫禄がでる、愛着がわく、持ってるだけで幸せになれる手帳です。表面はつるつるです。

093

さて、お気づきになったかと思いますが、サインが 入っています。左の表紙にスケーター:ジョニー・ウィアー(「いつも一緒だよ。」のコメントと共に。にくいねぇ~)そして、右にはなんと!

094

12代目市川團十郎丈のサイン!!!!

これは、いつの日か團十郎様に一筆いれていただく為、オイルで磨きに磨いておいた一番広いスペースの裏表紙。いつも一緒の大切な手帳だから、ここに團十郎様のサインを入れてもらえば、私の人生の夢は叶ったも同然、手帳には魔力が宿る!

と、いうことで、国立劇場で出待ちをし、図々しくもこんな場所にサインを頂きました。團十郎様は私の「いつも一緒のDayTimerにうんぬん」の手帳ポエムを聞きながらも、丁寧にサインして下さいました。家宝です。

これが最後の團十郎さんとの(出待ち)の思い出になりました。

團十郎さん本当にありがとうございました。

 

________________________________

ホームページ「トミー・ザ・エクストラ」では無料のコミック、楽しいイラストやエッセイを公開しています。ぜひお立ち寄りください!↓↓↓↓

toppagelogo

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s