ヒット・レコードの新しいプロジェクト「ファミリー・ソングス」アルバム

「インセプション」のジョゼフ・ゴードン・レビットが経営するアート・サイト「ヒットレコード」の新しいプロジェクト「ファミリー・ソングス」のイメージイラストに、私のイラストを採用して頂きました。

newgenerationoffamilysongs

私は2010年から参加していて、いくつかの作品がTVやアニメ用カットに採用されました。

ヒットレコードとは?

ヒットレコードとは、個人アーティストが商業利用される事を前提としてイラストや写真、ビデオや曲などをアップ出来るサイトです。俳優ジョゼフ・ゴードン・レビット氏が2005年に兄ダン・ゴードン・レビットと共同で立ち上げました。(残念な事にダン氏は2010年に36歳で亡くなっています)

ジョン・リスゴーの人気TVシリーズ「3rdロック・フロム・ザ・サン」の子役「トミー・ソロモン」で知られるジョゼフ・ゴードン・レビット。”もう業界は知り尽くしたから、ハリウッド製でないアートをやりたい”と、無名のアーティストによる手作りの映画やアニメ、アートブック、ミュージック・アルバムなどを「ヒットレコード」というサイトを通してバック・アップしています。

201510151405150b5

ご本人もヒットレコードで出来上がった多くの作品に出演しています。

2014年からはサイト「ヒットレコード」で製作された作品がTVシリーズになりました。(2016年現在でシーズン2まで放送済み)

サイトで作品を投稿する為には、簡単な登録が必要です。この時、収益は基本的に半分がアーティスト本人に、そしてもう半分がヒットレコードにもたらされるという同意書にサインしなければなりません。

つまり、このサイトに投稿した作品はヒットレコードが自由に商業利用する事が出来るのです。もちろん、作品がもたらした収益はヒットレコード運営陣により算出され、アーティスト本人に収益が支払われます。利用の割合や価格は、実際に商業使用される前に本人に知らされ、それに同意できない場合はヒットレコードによる作品の使用を拒否する事も可能。

私が以前イラストを利用してもらった時は、テレビ放送のタイトルアニメの一部利用でした。利用が決まると、本人のみが確認できるビデオクリップが提供され、放送前に内容を確認することが出来ます。ヒットレコードが提示する日付までに使用価格や使用に関しての不服を連絡しなければそのまま採用されます。

支払いは口座振込、小切手、寄付の3つから選べます。私の場合はアメリカに銀行口座がないので、小切手を選択しました。支払い額が少ない場合、次の支払いまで支払いをホールドしておく事も可能です。支払いのタイミングは、ジョーがツイッターでアップするビデオで知らされます。

さて!ヒットレコードで日本人が一番躊躇するところは、投稿した作品がヒットレコードに使われるだけでなく、「ヒットレコードに参加しているメンバー全員にあなたの作品の編集権利がある」という部分ではないでしょうか?

日本人なら、自分の作品を他人にいじられたくはないはず。

そして、あなたの作品を利用したアーティスト・メンバーにも、その働きに応じて収益が分配されます。

でも心配は無用です。

まず、作品を編集したり、それを使って二次創作をしたりしてくれるメンバーは殆どいません!

そして、その作品がお金を生むことはもっと稀です!

私も最初な心配していましたが、あまりに長い間放っておかれたので、初めて見知らぬメンバーに私の作品を二次創作に使われた時には、「やっと来たか!」と感涙しました!そして、私のイラストを真っ赤に塗って再アップした方もいましたが、「こういうアプローチは、私には、たとえ生まれ変わっても出来ないな」と感動致しました。

その後はもう、「私の作品は皆のもの」という悟りの心境とタダならる平和な心境に突入出来ます。(笑)ヒットレコードがあなたの心を解放してくれるのです!

作品採用のコツは、ツイッターでヒットレコードアカウント(@hitRECord)をフォローし、ツイッターで発表される締め切りが近いプロジェクトに応募する事。

hitrecordtwitter

プロジェクトによっては、詳細発表がビデオ・レポートのみという物もあり、英語が得意でないと使いにくいサイトだなと思われるかもしれません。締め切りだけは文字で明記して欲しいものです。

しかし!採用されなくても、締め切りが短いと昼休みにカフェでお題のイラストを急いで描くという、絵描き優等生的な生活がおくれます!!ヒットレコードのお陰で必然的に作品が生まれます(笑)

なお、採用を目的にヒットレコードに参加すると、毎回、プロジェクトが完成する度に自分の作品が採用されなかった!と失望の気持ちのほうが大きくなりますので、「描く・作る理由と、締め切りと、アップする場所を与えてくれるワンフェスのようなサイト」くらいの気持ちで参加するのがオススメです。

そうしていると、何年も前にアップしたイラストがこのようにある日突然日の目を見る事があるかもしれません。

また、何年も投稿し続けていると、同じような古株からたまにお声がかかり、お友達も出来ます。

 

でも英語が出来ない!という方もご心配なく。

現在、応募しているプロジェクトに必ず参加する必要はなく、自分の好きな絵や作品を淡々と一人で投稿するというスタイルもあり。プロジェクトに応募したり、他のメンバーの作品を利用して二次創作したり、自分で新しいプロジェクトを始めちゃったりすると、もちろん注目度が上がりますが、それをしなくても、長く投稿していれば、誰かが気づいてくれるはず。

私の場合、自分のペンネーム「Tommy」が、ジョゼフ・ゴードン・レビットが「3rdロック・フロム・ザ・サン」で演じていたキャラクター”トミー・ソロモン”に由来している為、「作品をアップしたらジョーが見てくれるかもしれない!?」というミーハーな理由から参加しました。が、ヒットレコードというサイトのお陰で、沢山の作品を描く事が出来きました。ありがとう、ジョー。

こちら、新プロジェクト「ファミリー・ソングス」というアルバムは、すでに資金が確保済みの夏には発売予定という美味しいプロジェクトです。ファミリー向けの音楽と歌詞であれば英語の歌ではなくてもOKという事ですので、作曲をされる方はぜひ応募されてみてはいかがでしょうか?

曲の応募ページです↓

https://goo.gl/ILMVtt

 

Advertisements

造形初心者からワンフェス出店までの記録

2016年夏、憧れだったワンフェスに初出店しました!

思えば、中学生・高校生時代にガレージキットやフィギュアに出会い、購入者からキット製作が出来るようになり、そして自分での「フルスクラッチ」(挫折)体験を何度も経て、かな~~~り長い道のりを経て、ここまで来られた感じがします。

その道のりはざっと20年とプラス。(笑)

ワンフェス参加を終えて、これまでの自分の造型ジャーニー回想に浸ってみたいと思います。

フィギュアやガレージキットを購入しはじめた時から、自分にとって、造型とはいつも届かぬ憧れでした。

「造型には憧れるけれど、自分には難しすぎる、才能がない、作る資格がない」思い続けていましたが、「この挑戦でダメだったら造型を完全に諦める」と覚悟して2015年に参加した「片桐裕司造型セミナー」

(初めての参加レポート記事はこちらです)

この3日間のセミナーで「自分は造型ができるかも。(上手という意味ではない)」と、”造型をやってもOKだよ”という許可を、やっと自分の中で得られた事がワンフェスへの道のりの第一歩でした。

 

それから片桐裕司セミナーに3度参加しましたが、一度は自分の作品を複製をして製品にしてみたいという願いから、今度は2016年、春に「模型塾」に参加。

こちらは、毎土曜日2時間の教室という、片桐裕司セミナーとはがらっと変わった世界でしたが、優しい主催者の東海村原八先生に励まされて、会社帰りぼちぼちな感じで、ポリパテでのフルスクラッチ基本&シリコン型製作とレジン複製を教えて頂きました。

3月から始まって、7月ワンフェス直前までの模型塾でしたが、通っている間は工具の使い方をはじめ、色々なアドバイスや助けがあり、原八先生なしではワンフェス参加はありえなかったです。

模型塾で習った事は、全て「初めて体験」でしたが、土曜教室→平日の出勤前と帰宅後の作業→一週間の作業で分からなかった所を土曜の模型塾で質問というサイクルが見事(!)身につき、「土曜の模型塾を中心に生活がまわる」5ヶ月間があっという間に過ぎました。

IMG_5403

初めてのレジン複製品。

やっつけでシリコン型を作った為、型があまり優秀ではないので仕方がないのですが、真ん中でかなり液漏れしています。

でも、これでも自分的には上出来です。

最初のショットは、型の中央での液漏れどこれではなく、シリコン型からレジン液が外に漏れでてしまって、コトラと兎左衛門の頭の半分までしかレジン液が到達しませんでした。(即、その週の土曜日に模型塾で型を見てもらい、応急処置を教えてもらいました。ガムテープ作戦です。)

IMG_5404

とりあえず成功したコトラと兎左衛門のレジンフィギュアです。できたてのほやほや。あっつあつ。

昔、初めてレジンフィギュアを手にした日の感動が、今、何倍にもなって帰ってきた!(笑)

自分にとって、レジンの感触は「温かい雪の固まり」という印象があったのですが、自分で抜いたレジンはあっつあつの雪の固まり、でした。夏ですので室内気温も高く、硬化時間もあっという間。型は触れないくらい熱いです。

自分の作ったフィギュア。まさに感無量の瞬間です。

kotorafigure

今回の原型の材料は、製作時期が暑い夏という事もあり、ポリパテを諦めて石膏粘土です。

匂いがしないのをいいことに、最終的には石膏粘土を職場にこっそり持ち込んで、昼休みにちまちま粘土を足したり削ったりもしました。

 

原型製作→表面加工→シリコン型製作→レジン液での型抜き→バリ取りや表面加工と組み立て→塗装。この全ての工程で、毎回「ここが一番難しい!」とツイートしまくり、次の工程に進むと「。。。こっちのほうがずっと難しい」とツイートするという、お見苦しい実況中継をしました。

 

ワンフェス前日は、朝からレジンを抜いて、コーヒーで目を覚まし、フィギュアの仮組み立て、あまりに作業場が乱雑で掃除、型が冷えたのでレンジ流し、順番にサーフェイサーがけをしておいて乾燥時間にランチ、食後に乾いたフィギュアの色塗り。

まさに「フィギュア製作の為に生きている」感じ。しがないOLのワンルームマンションがフィギュア工場と化しました。

間に合わないかも!というみなぎる不安と焦りの中、「でも、、とにかくやらないと。」と自分を強制して猛烈に作業する”ワンフェス前日祭り”っていうのを経験したのも、楽しい思い出です。笑

 

塗装はできればエアブラシに挑戦したかったのですが、時計を仰ぐと、もう日付はワンフェス当日

この工程もやっつけでアクリル絵の具を筆で塗り、サーフェイサーを拭いたら湿気で真っ白。(頭の中も同様)

急いで、新しいフィギュアで塗り直し!ちゃんと抜けたフィギュアの数があまりないので、何個目で塗装版が完成するのかドキドキです。

ブース写真

数時間の仮眠の後、ぴかっと快晴の暑い夏の早朝、電車に揺られながら「初ワンフェスへの朝電」に無事乗っている自分が自分じゃない感じ。「あれ~~、自分、ワンフェスなんかに向かっちゃってるんだよ。」と自分が誰か他人のような。。

青春です。(笑)

その日は交通的にも問題なく、無事会場の幕張メッセに到着。すでに巨大な会場をぐるっとひと回りするくらい人が並んでいます。

しかし、私は今日はディーラー!

皆様、こんなに来てくださって有難う。という気持ちでその列を眺めていました(笑)

ありがとう、ありがとう、暑いのに早朝から皆ありがとう、

という不思議な気持ちで会場入り。(笑)

 

ブースでも1時間くらい作業して完成品展示完了。模型塾のお友達も来てくれました!遠方から来てくれた片桐セミナーのお友達とも再会です!フィギュアは10体中5体が売れ、初めての参加でとてもうれしい結果になりました。

次回は1年後のワンフェス2017夏を目指します。

次は関節を入れて動くフィギュアに挑戦したいと思っています。下のイラストのクモなんかを作りたいけど、またこれは乞うご期待!

最後に、ワンフェスありがとう。ワンフェスというイベントがあったから、これらを全部体験出来たのです。フィギュアをフルスクラッチで作って販売する、という長年の夢が叶いました。

また来年、ワンフェスでお会いしましょう!!

moth-friend3

 

 

 

歌舞伎ギャラリー「体験空間-歌舞伎にタッチ」行って来ました!

2015年12月

ついに、歌舞伎座の歌舞伎座タワー5Fにある「歌舞伎座ギャラリー」に行ってまいりました!

こけら落とし公演の頃は、ギャラリー階に上がるだけで数時間待ちだったことを覚えておられるでしょうか?歌舞伎座タワーにはギャラリーがある5Fに上がるエレベーターがひとつしかないので当時はそれくらい並んだものでした。

初めての歌舞伎座ギャラリーの感想は、、、、ここは歌舞伎好きのヘヴン!!

2015年の5月からの特別企画、触って体験できる「体験型」展示なのですが、本当に触れます、あがれます、写真も撮れます!

普段は、3Fから見ることもかなわない(笑)花道を実際に歩けます!!

なんと、素晴らしすぎる企画なんでしょう!!

 

ここまでやらせてくれるとは思っていませんでした!

 

k4

歌舞伎の馬がこんなに近くに!かなりの大きさにびっくり!

IMG_4493

見て見て!!乗っちゃったよ!!

かつて、團十郎丈がこの馬に乗っているのをみて、まるで本物の馬に乗っているように乗っていらっしゃる!!と大感激したことがありますが、、

実際乗ってみて、、

これは、、本物の馬そのものですね。。。

k14

馬からの風景

k5

見えますでしょうか?喉の部分がメッシュになっていて、中の役者さんはここから外が見えるそうです。後方の役者さんは、お腹部分に空いたメッシュ部分から床だけが見えているそうです!大変なんですね~~~!

 

カゴに乗りk7

カゴも担がせて頂きました!!重すぎ!(笑)

IMG_4461

船に乗り

k11

k8

寺子屋の舞台に入り込み!

k12

 

k9

白浪五人男で実際に使われている傘と花道の上で一枚!

k1

「カツオは半分もらっていくよ」の髪結新三カツオ!!!ワタの部分もちゃんとあるんですね!近くで見られて感激です!

k3

k6

なんと!あの、遠近法の馬も!(レア)

k15

こちらも激レアもの。旧歌舞伎座から持ってきた花道への幕。。。涙。

幕の向こうは花道で、幕を「シャリン」と開閉させてくれます!

白い矢印の部分をご覧ください。幕を吊るすリングが余分についていますね。これが、あの「花道シャリン」の音を出すという仕掛けだそうです!3F席からは花道が見えませんので、この「シャリン」の音だけを楽しむという、、、わたくしにとっては非常にビター・スィートな音。。。

何度も「シャリン」と開閉してしまいました。感無量。。。

k16

k18

太鼓などのあの部屋にも入れるんですよ~~~

k20

k21

あの、ご~んっていうやつね。あれ聞くと「ああ、歌舞伎見てるな~~」って胸が熱くなりますよね~~。それを自分で鳴らせるんです!!全ての鐘を試すたび、ああ、これ!これ!これだよ~~この音だよ~~~!!

とまた、大感激の涙です!!

k13

いつもは、遠くから見るだけののれん。。。中に入ってみましょう!!!

k19

こんなになっています!

 

k17

役者になったつもりで、のれんの影から舞台をちらり。

のれんがきれいにさがるようにおもりが縫い付けられていますね。

まさに、歌舞伎天国の展示、「歌舞伎にタッチ-しる・みる・ふれる・やってみる」感想でした。

今なら、特別映像染様の「歌舞伎座の秘密 ~忍入舞台裏染色~」ムービーも見られます!こちらもワクワクの20分。(時間関係で全編しか見られませんでした。。残念。。。。)

____________________________

開館時間:10:00~17:30(最終入館は17:00まで)一般:600円

歌舞伎座ギャラリーホームページ

_____________________________

トミー・ザ・エクストラのホームページでは楽しいコミックやイラストがいっぱい!遊びに来てね!

toppagelogo

 

Link

オリジナル・Lineスタンプの新作「スケートバード」が発売されました!

下記のアドレスから購入頂けます。

http://line.me/S/sticker/1219831

または、Lineアプリ内検索ボックスから「スケートバード」で検索ください。

検索ボックスは、Lineアプリ内:スタンプページ上方をスワイプすると現れます。隠し検索ボックスですね。。。

 

13

 

____________________________

ホームページ「トミー・ザ・エクストラ」には、楽しいコミックやエッセイがたくさん!遊びに来てね!

 

toppagelogo

 

 

 

 

ラインスタンプは儲かるのか?!

ラインスタンプ(クリエイターズ・マーケットスタンプ)は儲かるのか?!

一言でいうと。。。-儲かりません

12

それはなぜでしょうか。

 

_____________________________

1つ目の要因に、2015年3月頃からスタンプクリエイターの配分料金がそれまでの50%から30%弱に減った事があります。取り分が少ない分、せっかく売れても一スタンプ約30円程の収入にしかなりません。

07

しかし、配分料金が減った分、クリエイターズ・スタンプの審査が大幅にスピード・アップされたというメリットはあります。

2015年2月までに申請したスタンプの審査には平均3ヶ月から4月以上かかっていましたが、3月以降申請したスタンプの承認にかかる時間はその半分以下になりました。

____________________________

ライン・スタンプが儲からないもう一つの要因は、ラインスタンプ(クリエイターズ・スタンプ)の数の多さ

今年6月から(やっと)オープンした「ラインスタンプ・クリエイターズマーケット」用のLine公式販促ポータルサイトを見てみてください。

http://linecreators.com/discover

わたくし、トミーの「クリエイターズ・マーケットページ」はこちら

http://linecreators.com/creator/1118

※現在、Line公式販促サイトは閉鎖中!

 

このサイトでは自分の作ったスタンプを紹介する事が出来ますが、「新着(スタンプ)」のページを見ていると、毎分毎秒新しいスタンプセットがアップされてきます。

つまり、こちらのサイトで宣伝しようと思っても、数分、数秒後には新しいスタンプに押され、誰の目にも触れないまま、その存在が埋もれてしまいます。

「今日のピックアップ」で取り上げてもらったとしても売上にはつながりません。

Lineクリエイターズ・マーケット公式サイトは製作者ばかりが見ているからですね~。

_____________________________

そして、スタンプの儲からない3つ目の要因は「検索の難しさ」

Lineスタンプストアでは、公式スタンプを検索機能はありますが、クリエイターズ・スタンプの検索はお世辞にも使いやすいとは言えません。

検索機能は存在していますが、なぜかその機能は隠されているのです!

せっかくお友達や知り合いに宣伝し、Lineストアまで行ってもらっても「スタンプが見つからなかった」というコメントをもらう事はとても、とっても残念な事です!!

_____________________________

私のスタンプはトータルで5月から現在8月までの3ヶ月で売上が2千円から3千円程。

その内、お友達が買ってくれた割合は2000円程です。

逆に、お友達以外の方で購入してくれた方は、どこでどうやって私のスタンプを知ってくれたのか謎レベル。

 

でも、嬉しい謎ですね!!

ありがとう。感謝感謝

25

_____________________________

それでは、なぜスタンプを作るのか?!

 

それは描くの好きだから。

スタンプを描いている時が楽しい。

絵描きならこれですね。

 

また、スタンプが一般公開され、Line(Apple)というメジャー市場で売られるという舞台の大きさ、可能性の大きさ。これは、努力して描き上げた作品が日々没になってゆく悲しさを経験している絵描きにとっては抗えない魅了でしょう。

 

作っても売れない。

 

でも。。。

 

いつか

 

いつか売れるかもしれない!

 

そして、Lineストア上でスタンプを放っておいても経費はかかりません。毎月チミチミ売上を上げてくれるかも知れないのです。宝くじ、、というよりは、将来成長してくれるかもしれない株を買うような感覚です。

そして、遠い外国の誰かが自分の作ったスタンプを鬼のように送信してくれているの見る時。。。

ありがとう。

本当にありがとう。

そんなにウケた?面白かった? :D

密かに金メダルをもらった気持ちになります。

14

 

今後の真面目な戦略

2014年4月に「ラインスタンプ・クリエイターズマーケット」として一般参加と販売が開始されてから1年余り。その成り行きを見守ってきた者としての分析は「勝敗はスタートダッシュにあり!」と見た。

今後、アニメスタンプ(動くスタンプ)のクリエイターズ・マーケット解禁が予想されますが、その時が狙い目でしょう。

アニメ・スタンプの解禁はいつになるかわかりませんが、それまでアニメスキルを磨いておき、解禁と同時に申請すれば、解禁後に初めてアニメスタンプを制作し始めたクリエイター達より有利なことは間違いなし!!!

 

皆様、それまで生き延びていきましょう!!!

_____________________________

 

ホームページ”トミー・ザ・エクストラ”では、無料のコミック、楽しいイラストやエッセーなどを公開しています!ぜひ遊びに来てね!

トミー・ザ・エクストラ ホームページ:

http://tommytheextra.com/

 

toppagelogo

 

フィギュアスケートGIFアニメ

フィギュアスケートGIFアニメを2点作りました。

↓トリプルアクセル!

 

giftriplanime3

giftriplanime2

シットスピン!

spinanime

 

_____________________________

ホームページ”トミー・ザ・エクストラ”では、無料のコミック、楽しいイラストやエッセーなどを公開しています!ぜひ遊びに来てね!

トミー・ザ・エクストラ ホームページ:

http://tommytheextra.com/

toppagelogo

 

_____________________________

 

 

 

 

 

 

 

 

Lineスタンプ「ドイツ語バード(日本語版)が発売されました!

Lineスタンプ「ドイツ語バード」(日本語版)が発売されました。こちらはドイツ語スタンプ「ドイツ語バード」の日本語版ですが、ドイツ語のほうは未だ承認されていません。なせかその後に制作した日本語版のみが承認されました。

germanbird

私のスタンプは大体2015年1月中と2月に申請提出していますが、そのうち、現時点で承認されたのは日本語のスタンプのみ。同時期、もしくはそれより早く申請した英語とドイツ語のスタンプは、まだ一つも承認されていません。

なぜでしょうね~~?

上記イラスト部分をクリック頂くとラインストアにて絵柄をご覧頂けます!

28 38 33

さて、ラインスタンプを多言語で発売しようかと考えている方もいると思いますが、同じ絵柄でセリフだけが翻訳されている場合、一カ国ひとつの言語しか販売できない決まりがあります。

つまり、日本語版の販売を日本で行った場合、同時にドイツ語のスタンプを日本で販売する事は出来ません。

というわけで、私のようにドイツ語のスタンプを日本で使ったら面白いかなと思っている場合、日本語版のスタンプを販売するか、日本語のスタンプ販売をあきらめてドイツ語のみのスタンプを販売するかどちらかを選択しなければいけないんですね。それを知らず、日本語版とドイツ語版を同時に「販売エリアを限定しない」(全国)で申請した所、早々却下のお知らせが来てしまいました!

多言語のスタンプ販売を希望する場合は:

クリエイターズマーケットマイページ→スタンプ管理→販売情報とカテゴリと販売エリア→編集画面→「選択したエリアのみ」にチェックを入れます

 

「選択したエリアのみ」にチェックを入れると、画面に販売したい国名が現れますので、言語ごとに重複しないように国名を選びます。

例えば私の「ドイツ語バード」のように日本語版とドイツ語版がある場合、日本語版スタンプのスタンプ管理ページから販売エリアを日本(とドイツを除く他の国)に限定します。

ドイツ語版スタンプ管理ページからは販売エリアにドイツ(もしくは日本を除く他の国等)を選びます。

販売エリアは同じ絵柄で重複しない事が条件。

すでに販売開始しているスタンプでも、スタンプを販売しながら販売エリア(国)を変更出来ます。

販売国を編集し、「申請」すると、スタンプを販売しながら販売国変更の承認を待つ事が出来ます。販売エリア(国)変更などの申請は比較的早く承認されます。

 

_____________________________

 

ホームページ”トミー・ザ・エクストラ”では、無料のコミック、楽しいイラストやエッセーなどを公開しています!ぜひ遊びに来てね!

トミー・ザ・エクストラ ホームページ

http://tommytheextra.com/

toppagelogo

 

_____________________________